石黒 浩

例のアンドロイドの教授です。
「不気味の谷間」の克服に挑んだアンドロイドですな。
えー、その 石黒教授の顔をまたまたTVで見ました。
お! あの人じゃん。

人型携帯(電話)の開発に協力しているのだそうです。
試作サンプルは皮膚だけのつるつる。型だけです。
目も入ってないし、もちろん髪の毛とかもついてない。
手は肩からちょろっと手羽先のように出ていて、足もちょこっと豚足のようにくっついているだけ。
最終的に顔は「誰」というような特徴の無い誰もが誰か身近な人を思い浮かべるようなものにする予定だそうです。
こだわっているのは皮膚感。
手にぬくもりを感じるような皮膚感にこだわっているそうです。
これから先、操作系のボタンなどをどうするか考え、5年後に発売できるようにしたいという計画。

私的には大賛成であります。
ありますが、石黒教授の作る顔はやっぱりアンドロイドで限りなく人間に近い。
もうちょっとデフォルメしても良いんじゃないか?とも思ったりする。
不気味の谷間を超えるんじゃなくて、これはその谷間の一歩手前で良いんじゃないかと思ってしまいます。

今の携帯(AUです)は「ブルートゥース」がついてるのが良くて買ったのですが、タッチパネルはめちゃくちゃ操作しにくいのです。
だから今流行りのスマートフォン、アップル系のi pod i padは 全く欲しくないっす。
要らんです、あれは。
それよりなにより、ずーっとAUを使って思うのは、「受話音量が小さい」
電話なのに・・・・。電話なのに 話がしにくいのです。
あまりにひどかったときがあって二回ほど訴えてやっと修理・・・スピーカーが故障していたということで取り替えてもらいましたが、基本的に音が小さいのは変わらないのです。
機種(機械メーカーやそれぞれの機種)によってAU回線でも多少音量は違うようですが、基本的にAUの受話音量は小さい。

NTTは さすが日本電信電話公社!高い、サービス悪い、人によって知識不足で説明がなっとらん、挙句 詐欺のような(あとになって そんな話 知らんかった!)プランに乗っかったら、もう後戻りできないような契約約款がついてたりして、腹立つことおびただしいのです。
しかし、なんだかんだいっても 国家事業としてひっぱった「電線」の量は他の追随を許さず、唯一抵抗しようとしたYahooも降参、NTTと手を組んで「フレッツなんだらwith Yahoo」みたいなのを始めたわけだ。
光回線に関して、遂にYahooもNTTに対抗することをあきらめたっつーわけさ。本分(まあ 本分じゃないんだけどさ、もともとは検索のサイトだったんだから)であるプロバイダのみに集約することにしたってことね。

んで、話は戻ります。
その「人型携帯電話」。バックアップしてるのがdocomoなんだなぁ。
くっそ~・・・これが悔しいじゃないか。
でも、「受話音量が大きい」「電話としての昨日が充実している」「なかなかかわいいじゃん、この顔」な携帯だったら・・・大嫌いなNTTでも逝っちゃうかなぁ?
電話だけじゃ用の足りないときがあるから 最低メールだけは打てるようにしてほしいようなぁ。
あ、そうだ!
携帯のキーで文字打つの超面倒くさいから、音声でしゃべったらそれが文字に変換されてメールで送れるようにしてくれたら、なお良いっ!
そしたら・・・買っちゃうかなぁ~。
んで、髪型変えたり、洋服作ったりして着せ替えたりして(^_^)むふふ・・・。
そういうの、できないかなぁ。
人形好きは かなり「不気味」でも容認しちゃいますっ。
ただし・・・不気味の中にも許せるのと許せないのとあってぇ~・・・その変がめちゃくちゃ微妙なんですよね。
石黒先生、私もそのプロジェクトの仲間にしてもらえませんかね?
c0181648_054841.jpg

[PR]

  by nekohime666 | 2011-03-04 00:55

<< ああ なつかしのボウリング 猫が溺れた! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE