「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

浜松でカバマダラ

いました(^_^)
RANAさんが同行してくださったおかげで見つけました。
道から見てるだけだと、そんなにたくさんいるとは思えなかったし。
「カバマダラが~!」って叫んでも、関係ない人には関係ないから「なに、それ?」って言われるし。
はるばる遠路お越しになるのだから、いなかったらショックだよなぁ~・・・って心配してたのですけど、本当によかった。

私もすごく楽しませていただきました。
農家の奥様も優しくて・・・。
心地良い時間を過ごしました。
地べたに座って見上げると・・ほんとうに沖縄みたい(いや、行ったことないんだけど)そんな感じ。
蝶もよおく見ると体が白黒のドットでとっても綺麗。

撮った写真そ見て気がついたのですが、蝶・・ガン見してますね(^_^)
こっちのこと、よく見てるんですね。
写真、選んでいて思わず笑いました。
このブログに何枚かあげてもサイズ小さいし・・・ということでがんばってアルバム作りましたので、HPトップのギャラリーからご覧ください。

あ、それから 砥師に。
ごめんなさい、約束違えました。
「いけたら、会えたら」の軽い約束ってことで、今回 こちらを優先してしまいました。
ごめんね。
また機会があったら連絡ください。
こちらも何か情報ありましたら 連絡しますね
c0181648_23572632.jpg

[PR]

  by nekohime666 | 2010-09-19 23:57

フウセントウワタか?

これ。
どうでしょう?

手前で整地工事をしていて(どうも新しく家を建てる様なかんじ)、その工事の人に断って近くまで行って撮りました。
道からみたときにオレンジ色の蝶がちらっと見えたのですが、もしかしたらヒョウモン蝶かもしれません。
数はほんの1~2匹。
ちょっとへん。

c0181648_21213267.jpg

[PR]

  by nekohime666 | 2010-09-17 21:21

カバマダラはどこだっ!?

RANAさんのはってくれたリンクの西山町は地図で赤丸に薄い水色で塗った「300」と書いたところ。
ここでは300・・・あ、ちがう、30だ。30匹目撃されたとか書いてあったようです。

NHKのニュースでやっていたのは「三方原(みかたばら」。
これは赤丸に水色で塗った「5000」のところ。
浜松市動物園の職員が5000匹を確認!
ここらあたりで撮られた映像を見たのです。

記事抜粋します。

沖縄や奄美大島などに主に生息するカバマダラというチョウが、浜松市北区の畑に5000匹もいるのが確認され専門家は「大量に見つかるのは ... 12日浜松市動物園の職員が浜松市北区三方原の畑でおよそ5000匹のカバマダラがいるのを確認しました。 ...
www.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3033950282.html
↑ 
このリンクは切れています。

どちらもママくん家からかなり近いです。5~6kmでしょうか。
しかし・・・ピンポイントでわからないと 行き着けないでしょう。
どっちかっていうと三方原のほうがすごいんじゃないかと思うの。
うろうろしてみます。
車で走っているだけだと素通りしてしまうかもしれませんが・・・。歩いていくほど近くはないので。
もしどこかに駐車できるような場所があれば、車を置いて歩いてみてもいいかな、と思っています。

ニュースでは、「卵も確認した」と言っていたので25日でも大丈夫なのでは?
しかしどの程度卵があっていつぐらいまで孵化してどのくらい生きるのか・・・知識がなさすぎますね、私じゃ。
一斉にいなくなるようなことってあるんでしょうか?
羽化してからどのくらいの寿命なのでしょうか?

ちょっと・・・・調べてみないと!
地図 貼り付けます。
c0181648_244237.jpg

[PR]

  by nekohime666 | 2010-09-15 02:04

カバマダラ

さっき RANAさん家のBBSに書いたの。
ちゃんとプレビューしなかったんだが、あとで ???
「アサギマダラ」とか書いた?

ちゃうちゃう。
「カバマダラ」なのよ。

その映像はまるで八重山カメラマンのあのショットを思い出させるものだったのです。
すごかったなあ~。

行きたいんだけど・・・明日は仕事だし。
ピンポイントで場所がわからない。
誰かさんの所有する畑なんだろうけど。
どこなんだか わからない。
[PR]

  by nekohime666 | 2010-09-13 23:47

歳とったね

佐鳴湖に行ったら、嬉しいことに麻呂に会えた。

ああ、麻呂。
歳とったね・・・・。
ほんとうに 爺さんになった。

今日会えてよかったよ。
もう何回も会えないかもしれないね。
ミケに会ってそう思った・・その半年後にはミケにはほんとうに会えないようになってしまった。
今日、会えてよかった。

ご飯だけはもらえてもここで生きていくのは大変だろう。
ご飯を持ってくる人間でもないのに、覚えててくれて、甘えてくれて。
できることなら 皆 連れて帰りたい。
できないから、せめて たくさん撫でていこう。

麻呂、可愛いね。
麻呂、いい子だね。
麻呂はずっと撫でられて目を細め、前手で地面をもみもみしていた。
お母さんのおっぱい、思い出したの?
お母さんに「いい子、いい子」してもらってる気分になってるの?
麻呂、いい子だね。

c0181648_2273457.jpg

[PR]

  by nekohime666 | 2010-09-11 22:07

緑の衝立

敷地が大体180坪くらいある。
そのど真ん中に生家(厳密には生家じゃないけど・・・実家ですな)が建っている。
完全に東西南北に沿って建ててある。
かつては 南側は庭、北側は倉庫と長屋と車庫と門扉があったのだ。
北側のもろもろをぶっ潰して 私の家を建てた。
家の周りは、だから余裕がないのだ。
南側は実家が迫り、北側は道。西はお隣の家と・・・東側が駐車用と実家への通路として空いているくらい。
冬は実家の建物に阻まれ日が当たらない。
夏はもろに日が当たり暑い。

外に出て実家の南側にたま~に回ることがある。
南側にはサンデッキがあって、青桐が4本植えてある。
この青桐が夏になると繁茂して「緑の衝立」になる。
ここに来ると 温度が違うんだ。
5℃くらい違うんじゃないか?と思うくらい涼しい。
涼しい風がそよそよと肌に当たる。
なんだよ、ここは。
高原の避暑地か?ってくらいに。

この青桐が秋から冬にかけて葉を落とすのだな。
冬は、だから 太陽がさんさんと降り注ぐ。
秋に放っておくと冬には枯葉の吹雪と山。
秋になって枯れ始める前に、枝を剪定してしまわなければならない。
その作業は亡くなった父がやったり庭師にたのんだりしていたのだが、最近はずっとうちのとーちゃんがやることになってしまっている。
枯れはの掃除も庭の草刈もとーちゃんがやるはめになっている。

なんだかなぁ・・・・良いトコロを享受する人と無償で労働だけ強いられる人と。
ちとあたまを傾げたくなることも世の中いっぱいある。
そんなもんだ、人生なんて。
なんて考えながらも思うのだ、「家」って建物だけの問題じゃない。
立地や建物を取り巻く空間や空気や植物、エクステリア。
建物内部の設備は日々進化する電化的生活に合わせていかなくてはならないのかもしれないが、
薪で炊いた風呂が懐かしいな。
自分が南側を自由に使えるんだったら、ピザなんか焼く石釜と炭火で焼き物のできるおくどが欲しいな、なんて思ったりする。
電気で焼いたピザはまずかった。
ガスや電気で火を通す焼き鳥は・・・焼き鳥じゃない。
炭で焼いた秋刀魚が食べたいなあ~。
秋に刈り取った木や葉を燃料にして。

ここで風に当たりながら写真を撮ってて、そんな想いが頭を巡った。
c0181648_1442727.jpg

[PR]

  by nekohime666 | 2010-09-06 14:04

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE