<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

セミの声

やっと始まった セミの合唱、
夏が来た。

しかし・・・聞こえるのは クマゼミの声ばかり。
もはや スタンダードは クマゼミなのだ、な。
c0181648_2313894.jpg


一昔前は 日がな一日、ジージー(アブラゼミの声)と暑苦しい声が聞こえてたはずなのに
午前9時頃には聞こえなくなったよ。
おかしいなぁ???
たしかに朝のほうがよく鳴くものだけど、そんなだったかな?
どこにいるんだろう?って 目で探しているうち、ぱたぱたと飛んできてとまった個体のまわりをさがしてみれば・・・
c0181648_23163656.jpg

亡くなった父が生前植えた小さなケヤキの木に クマゼミ おん パレード。

一匹だけ、鳴かないアブラゼミをアオギリの木に発見!
c0181648_23194223.jpg


子供のころはね、
初夏になると まずは ニイニイゼミの声がした。
それから盛夏になると ジージーと苦しくなるほどにアブラゼミの声がひびきわたり
そのあとクマゼミの声がした。
クマゼミは数が少なくて、透き通った羽のでかいセミをを見つけるとちょっと嬉しかったものなんだ。
それから つくつくぼーしの声がしたら、ああ、もうすぐ秋だな、って思ったものだ。

梅雨があけて夏になったら、いきなりクマゼミの声しか聞こえない・・・ってなぁ。。
さびしいよ。
家の東側の急斜面のところは雑木林だった・・・その頃は、カブトムシを捕りに来たんだけど。
もう、家になってしまって 雑木林とカブトムシはいない。

婆さんの家の庭側の軒に また今年もスズメバチが巣を作ってた。
そこ、通りにくくなるよなぁ。
竹がわさわさ繁殖してきて、放ったらかし草生え放題の庭から地下茎を伸ばして進出してくる。
下草は茂り重なり湿っていて、藪蚊ばっかり増えちゃってさ。
虫除けスプレイの上からふたつみっつ、噛まれて、そこいらの葉っぱを切ってガラスのコップに挿した。
南天、しろたえぎく、さるすべり、ランタナ、稲葉みたいな雑草、プランターの黄色い花、で作ってみた。
c0181648_23425253.jpg

猫が壁で爪とぐものだから、ちょっとだけでもその場所を減らすための実用なのだ。
セミの種類が変わってきたのと同様に、雑草雑草と思っている植物の種類も変化してきてるのかなぁ?

なんだかなぁ・・・時代の移り変わりを 激しく感じるよなぁ。
そんだけ 歳とったって ことなんだろうな。
[PR]

  by nekohime666 | 2011-07-21 23:43

広く浅く

良く言えば趣味多彩。
悪くいえば中途半端。
なにやってもとりあえずそこそこできる「オール4」なワタシ。
昔から 「極める」人に ずっと憧れてる。
自分が極められないから。
オール4な人って、基本的に「良妻」という立場に向いてるのかもしれないね、能力的には。
でも性格的に「妻」に向いてないので、それも叶わず。

なんだかなぁ、中途半場な人生で。
なんだかなぁ、充実感に乏しいよな。
そんなに不可なこともないんだけどさ。
そんなに可でもなく。

とりあえず、なにかやると、とりあえずほんのひとときはそのことに気が向くからね。
サーキット走行は楽しかった。
今は また走らせたいなぁ~って気持ちが強いけど、いまさらその道を追求するのも不可能だし、そこまで熱意もあるわけじゃない。
中途半端な興味だけ。

まあ、そんな人生もあり、か。
本当は 何かに集中執着して極める人生、送りたかったけどな。
自分の能力、体力、性格からして、なるようになってるんであって、 極める人生は やっぱりないものねだりの憧れの人生なのだろう。

このまま中途半端な人生を全うするとして、だ。
全うするためにも・・・・・金 欲しいな。
どっかからぁ~、お金 降ってこないかなぁ~。
遊ぶ金 なくして 中途半端な趣味生活も送られんだろう。
生殖機能停止したため、すでに身体は終いに向かっているのを強く感じるのだ。
残された時間は少ない。

ああ、悲しや 金欠人生。

お金 降ってこ~い。
[PR]

  by nekohime666 | 2011-07-12 01:37

ディレッツア サーキットミーティング2011

2011年7月2日(土) モーターランド鈴鹿。
参加しました。
全くそういうのに無関係だった人でも お気軽に参加できますよ!なレディースクラスっていうのを
RSタケダの近藤さん(一年くらい前に入社した可愛い女の子です)が設定して誘ってくれたので 参加したのです。
c0181648_1516569.jpg


車の腹を思いっきりぶつけて壊して・・・やっとのことで直してもらって、車を届けにきてくれたのが近藤さんでした。
そのとき このイベントの話が出て、ついつい「行ってみようかなぁ~、生涯の記念に」ってなことになってしまったのですね。
何かの折にタケダに行くと、話し上手な社長が出てきてこんにちわ(^_^)  前から「レディースクラスっていうのを設定しましたから お気軽に~、是非」とは言っていたのですけどね。
これ、社長です。
c0181648_15203028.jpg

でもさぁ、このイベントのタイムテーブルが送られてきたときに
う、無理、これ 無理、絶対無理、って思ったのです。
朝 8時に受付開始して いくつかあるクラスを何巡かして まる一日。
無理だろう・・・体力が。
そう、寄る年波には抗えず、更年期以降 体力、筋力、視力 そのた色々 激減したババアにはきつすぎる。
パパくんは「サーキットで ど素人のババアが走るコト自体が無理」というところにこだわっていました。
一週間 悩んで、断りの電話を入れたのですが。
「もしもし、RSタケダです」と そのとき出たのが  大島メカ神様。
かくかくしかじか、無理なので、キャンセルを・・・と申し出たのですが、大島メカ神様、一歩もひかず。
「だんなさんは 一緒にこられないでしょうか?行きかえりの運転をお願いしたり、サポートしていただいたりできないでしょうか?そうして 参加していただけないでしょうか?私たちがやっていることを 是非 見てほしいのです。」と。
ヘルメットもグローブも なければお貸しします、近藤のを使ってくれていいですから・・・とか。
そのあと、近藤さんからもフォローの電話をいただきました。
もう・・・そこまで熱心に誘ってくれたら、行くしかないよな。
行くしかない。
意を決したのでありました。
c0181648_15344171.jpg

モーターランドSUZUKAは いわゆる鈴鹿サーキットではなく、鈴鹿サーキットのすぐそばにあるミニサーキットで、本格的にレースやってるとかじゃない人で車好きなんだけど、走ってみたいんだけど、っていう人が気軽に参加できるように設置されたコースらしいのです。
よって使用料も懐に優しい。
RSタケダさんが仕切っていて、いくらかどこかから援助があるやらないやら?しかもレディースクラスってのは全くそういう世界を知らない人のために、とっかかりを提供するっていう目的から、走行回数は少なく設定しお値段はさらにリーズナブル。
丸一日遊ばせてもらって¥5,000。
レディースクラス、ビギナークラス、ドライビングレッスンクラス、フリー走行Aクラス、Bクラス、Cクラス の6つのクラス設定からなりたっています。
c0181648_1543083.jpg

ラリーの選手権に出てばりばり活躍中の選手達も参加して、いろいろ教えてくれたり、デモ走行やら同乗走行やら やってくれるのですね。
c0181648_15461133.jpg

RSタケダのデモカー、エボ9,7、インテグラ、ビッツもこのときには大活躍!
c0181648_15473634.jpg

私はとっかかりのレディースクラスなので 先生はつきません。
が、しかし。
ビギナークラスの山田先生(インテグラ使用)にときどき混ぜてくれて、一緒にいろいろ教えてもらいました。
同乗走行は エボ9、ビッツ、インテと・・・ははは 3回も乗せてもらっちゃったぁ!
すげーんだよ!
ほんっとにすげーんだよ。
異次元世界だよ。
車ってあんなふうに動くのか?
何やってんだか、さっぱりわからん。
が。
しかし、強烈なGとドリフトにもかかわらず 恐ろしいという感覚はないのです。
おそらく 失敗してスリップしたとかいうのと違ってドライバーがコントロールしてるからなんだと思いますが、すべりまくっているのに どっかにふっとんでいってクラッシュする!っていう恐ろしさが全くないのです。
恐ろしいどころか、その感覚はまるで「氷の上でアイスダンスをしているような感じ」なのでした。
c0181648_1553450.jpg

この青いシルビアは(S15) 日比野選手がプライベートで参加していて、「ドリフト禁止」の封印を解かれてデモ走行をしたときの様子です。
日比野選手いわく、「煙が命!」だそうで、、、( ̄▽ ̄)ノ ダンロップのなんとか(なんだかなあ、すぐ忘れる)の煙は白です!とか言ってました。
c0181648_15555770.jpg

あ、すっかり忘れてました。自分のこと。
パパくんが一緒に行ってくれたので、自分の写真も撮っておいてくれました。
c0181648_155984.jpg

これは最終のS字を抜けてスタート地点のストレートに入ったところ・・・だと思うけど。
んで、これは・・
c0181648_160212.jpg

多分S字の出口のあたりじゃないか・・と 思うのですが。
おとなしいですね~(^_^)
めちゃ遅ですわ、わっはっは。
車の下のほう、ナンバープレートとかバンパーに計測器をつけてタイムをとってくれます。
ふふふ・・・・さすがに ビリです。
でも!
おまわりさんのいないところで、飛び出してくる人や動物もなく、対向車も信号もない。
そういうところで自分の好きなように走れるのって、すごくストレス解消!
これで もっと素早く気持ち良く 走れたら、もっと楽しいんだろうなぁ。
そうして 皆 どつぼに嵌っていくんだろう。
大人なワタシ(社長と同じせりふ・・・っふふ)は、一歩離れたところから、若い人達を見て心の中でつぶやいたりしたのでした。
c0181648_16105739.jpg

パパくんがその場でちょっと仲良くなったおっちゃんが居て、そういえば、その人って60歳くらいな感じだったな。
若い頃、バリバリ走ってたんだろうなぁ~。
おっちゃん。。。オオ!すごいじゃん。おっちゃんはインプレッサで、なんと4位!タイムは47.947秒。
素晴らしい!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

そして最後に皆で記念撮影・・・の横からパパくんに記念撮影してもらっといたv
c0181648_16191715.jpg


おっと、その前に。
じゃんけんで抽選会があって、グローブをGETした!
ヽ(`◇´)/わーい。
こればっかりはね、ふふふ・・・日比野さんに 勝った!!!(アホかぁ~)
これって5000円くらいするんだって。
今回のお試し走行のときは 近藤さんのめっちゃモノイイグローブを貸してもらってたんだ。
c0181648_16395714.jpg


近藤さん、最初から 最後まで、ずっとつききりで ありがとう。お世話になりました。
社長、女子会ティータイムの紅茶、べらぼうに美味かったですよ。さすが100g3000円、言われなくてもわかる美味さでした。ありがとう。
大島メカ神様、断りの電話をしたにもかかわらず、負けぬ根性でここまで誘導してくださってありがとう。
それから、パパくん、自分は運転できないのに、お付き合いいただきまして感謝しています。「運転したくなるよなぁ~」って言ってたから、次は参加しよう。車は一台しかないけどさ、いいって言ってたもん。
タケダの関係選手、スタッフの皆様、ありがとう。
普通に暮らしていたら、到底 体験できなような「感覚」を味わあせていただきました。
一緒に面倒みてくれたビギナークラスの山田先生、本当に親切なご指導に感激しました。
こうなると 次・・・行きたくなっちゃいますよね。

次回は11月・・だそうです。
僕もワタシも。行ってみたいなぁ~、って人 いませんかぁ?
RSタケダ経由、申し込んでみませんか?
ついでに RSタケダで車のメンテ いかがでしょう?
これからも RSタケダ、およびスポンサーのダンロップ、よろしくお願いいたします。
んんん??? なんで宣伝してんだろう?ワタシ・・・・。
[PR]

  by nekohime666 | 2011-07-03 16:32

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE